日田天領水ウォーターサーバーは、10Lバックインボックス専用の卓上冷却装置、開封後も衛生状態・製品の品質が保たれ、常に飲み頃な水温の日田天領水を供給できる、奇跡の水と呼ばれているミネラルウォーターサーバーです。

日田天領水 ウォーターサーバー

日田天領水 ウォーターサーバー

日田天領水は、大分県日田市の深い地層からくみ上げられる天然活性水素水です。 
 
人から人へ次々と、口コミで広がる奇跡の体験から、愛飲者の中では奇跡の水と呼ばれている可能性を秘めたミネラルウォーターサーバーです。
「日田天領水」は、適度なミネラル分を含んだ安定したミネラルウォーターで、バランスの取れた食生活の軸として選ぶ人が多いことでも知られています。
● 清 潔・・水の通る配管をなくし清潔を保ちます
● 工 夫・・コックをひねるだけで、簡単に使えます
● サイズ・・幅31.9cm、高さ57.1cmとコンパクトサイズ
● 機能性・・コックをひねるだけのので、誰でも簡単に使えます。
歴史ある食の国際品評会「モンド・セレクション」で2006年から5年連続で最高金賞を受賞

『衛生的であること』全ては、ここから始まります!


「日田天領水」は、なじみの深い「天然活性水素水」や「天領水」だけではなく「天然還元水」「NRW(natural reduce water)」、また単に「活性水素水」「還元水」など商品名以外の形でもいろいろな名称で呼ばれることが多いミネラルウォーターです。

▼▼ 詳細はコチラ ▼▼


日田天領水

BIB型 ウォーターサーバー

日田天領水のBIBは新鮮なお水を届ける為にいろんな工夫がされており、内装はポリエチレンバックで外装は段ボール製の丈夫で容器回収も不要の安全・エコな設計になっています。

★ BIB型 ウォーターサーバーは、バックインボックスといい、蛇口付きの
ポリエチレン製の容器を外装した複合容器です。

  • 蛇口の構造やポリエチレンバックの特長を生かした、空気が入りにくい構造で、お水を新鮮に保ちます。
  • お水を入れるポリエチレンバックは耐水性を高める為にポリエチレンフィルムが2重構造の丈夫な設計です。
  • ポリエチレンバックを入れる外装の段ボールボックスも2重構造で丈夫と耐久性に優れる「Wライナー」を採用し、4段まで積み重ね可能で、場所をとりません。

「Wライナー」 : ライナー3枚中芯2枚の通常の段ボールに2枚付け足した合計5枚構造で丈夫。



詳細はこちらから ⇒ あの名水「日田天領水」を使用したウォーターサーバー



日田天領水 ウォーターサーバー

日田天領水を毎日の生活に

飲み物やお料理にも相性ピッタリのミネラルウォーター

★ 美容と健康に :

「美容と健康」のために飲まれ、バランスの取れた食生活を構築するために軸となる水を選ぶことからはじめている方が多いようです。

★ 朝食でキャリブレーション! :

適度なミネラル分を含み、成分が安定しているため、朝の水と朝食は1日の飲み物や食べ物に基準になり、日田天領水と日田天領水で調理した朝食を皆様の1日の食事の基準にお勧めします。

★ ご飯に :

米や麦などのイネ科の植物にはケイ素が多く含まれ、また日田天領水にもケイ素が含まれる為相性が良く、炊飯時に使うとご飯がおいしさくなり、冷えてもおいしいという声が多いミネラルウォーターです。

★ 緑茶・紅茶に :

緑茶や紅茶の色はpHが高くなると鮮やかになり、日田天領水で煎れたお茶は色が鮮やかなだけでなく含まれるミネラル分との微妙な調和によって風味も良いお茶になります。

★ ミルクに:

赤ちゃんからおじいちゃん、おばあちゃんに至るまで幅広い年齢層の方に安心してご利用いただけるように、衛生的な工場で無菌充填されています。

★ 料理の下準備に:

日田天領水には天然成分としての炭酸水素イオン、ナトリウムイオン、カリウムイオンが比較的多く含まれているため、まるで重曹を入れた水のような働きをします。ミネラル分との微妙な調和によってお料理のおいしさをいっそう引き立てます。



日田天領水 ウォーターサーバー

選ばれる理由

ウォーターサーバーは、10Lバックインボックス専用の卓上冷却装置

日田天領水を使用するウォーターサーバーは新しく考案した専用 冷却器の上に、10Lバックインボックスをのせるだけの極めて単純な構造のため、バックインボックス容器の最大の長所である 衛生状態・製品の品質保持という特徴で、
常に飲み頃な水温の水を供給できるように工夫した製品です。

ウォーターサーバーのレンタル料は無料!

メンテナンスもほとんど必要なし

ご希望の周期でお届けする定期配送

▼▼ 詳細はコチラ ▼▼


  日田天領水 ウォーターサーバー







A C - J C D n
RSS

日田天領水、詳細はこちら